FC2ブログ

東芝勉強会に参加しました。

  4月17日サービス部にて東芝様の勉強会に参加させていただきました。勉強会の内容は大きく3つに分けて
・東芝の機器の性能や商品の紹介。
・機器の設定やシステム回路等の説明。
・機器の故障診断。
となっており、実際に現場に出られていた方が講師を務めてくださいました。話の内容もサービスマン目線のお話が多く、作業や現場等をイメージしながら聞くことが出来たと思います。
  商品説明では、サービスする側として又は、他社の機器と比較して、良い所、悪いところ、改良しているところ等々細かくお話ししてくださいました。実際に室内機の実機を用いて目の前で説明しながらオーバーホールをしながら一つ一つ部品の説明もして頂きました。
  機器のシステムや電気回路、普段はメーカー様に問い合わせる情報も資料としてピックアップし、分かりやすく教えて頂きました。各リモコンの裏メニューの出し方、サービス向けの操作方法や機能選択、設定方法など一覧で出して資料として頂くこともできました。現場や実際の作業でも必要になる場面は多いかと思います。上手く活用すればメーカーに確認する手間は省けるかと思います。
  個人的には故障診断の部分が一番必要になってくるかと思います。各エラーコードから主なエラーコードを抜粋し、用意して頂いたフローチャートを見ながらの故障診断を行いました。実際に現場でサービスマンをしていたと言う事もあり、実際の修理の事例なども交えながら、電気回路やシステムと照らし合わせて、「このエラーの場合は、だいたいがこの部品が悪いです!」「このエラーの場合はこの部品も確認していただくといいです!」と言い切る姿に凄いプロ意識を感じました。サービス部内でも、実際に現場であった事などを思い出しながら「なるほど」と納得している場面も多々ありました。
  今回はこのような場を設けていただきとても感謝しています。メーカー様がわざわざこちらまで出向いてお話をしてくださる事自体が凄いことだと思います。一度聞いて全てを理解することは難しいですが、少しずつ自分の糧として、頂いた資料は現場等にも持ち歩いて日々精進していきたいと思います。今後もこのような機会がある際には積極的に参加し、知識を広げて生きたいと思います。
                                                              サービス部 須永啓太
東芝勉強会


スポンサーサイト




感想 |

社員旅行に行ってきました。

今年も毎年恒例の社員旅行に行ってきました。
当初は全員海外予定だったですが、国内希望が多く、二手に分かれることになりました。

海外組はハワイ、3月19日~23日の3泊5日です。

19日の夜21時頃 ハワイアン飛行機にて、7時間後にオアフ島空港に着きました。
飛行機1

カメハメハ大王銅像前にて「アロハ」ポーズの集合写真
カメハメハ1

初日の夕食
夕食1

ロック・ア・フラ ディナーショーを鑑賞しました
ショ1

二日目と三日目は自由行動で、それぞれ旅を楽しんでいました。

ハワイピーチからの景色
ハワイ風景

きれいな夕日
196334F4-283E-4CC3-AD0D-A90265F3CB7A.jpeg

食事はビッグサイズで食べきれません
食事2


3月21日~23日 国内旅行組の23名が徳島、香川、愛媛巡りです。

石手寺にて
石手寺1

栗林公園
栗林公園1

中野うどん学校でうどん作りの体験
うどん打ち1
うどん打ち2

宴会で盛り上がりました
宴会1



感想 |

被災地視察見学会に参加して

9月15日(木)~16日(金)の2日間にわたり、東京都冷凍空調設備協会主催の被災地視察見学会が宮城県松島町ホテル大観荘にて開催されました。この宿泊ホテルは、松島湾を見渡す絶景の高台に位置し、収容人数1100名の大型ホテルです。東日本地震の影響で、一雨漏りと客室のひび割れ程で済んだそうです。

 初日は15時から理事会・合同委員会が大会議室にて開催されました。約30名が出席し、17時過ぎに会議は終了しました。18時からの懇親会では、渋谷会長の挨拶に続き、乾杯は宮城県冷凍空調設備協会萬理事長により進められました。その中で、震災で両親と息子さんを亡くされた石川理事より、地元業界の復興の状況報告がありました。

 石川理事は、冷凍倉庫を取り扱う会社に勤めており、ご両親が震災で亡くなって、すぐ社長に就任することになったそうです。石川理事の息子さんも亡くなり、辛く苦しいと感じる時間もありましたが、復興時には悲しむ暇も無いほどの仕事が、沢山舞い込んできたそうです。色々な人に支えられ、今こうして仕事が出来ることを嬉しく思いますと、胸の内を語って下さいました。

 翌朝、8時過ぎにホテルを出発し、松島湾内遊覧船観光を楽しみました。松島湾は震災の影響がほとんどなかったそうです。小さい島々にある松はまるで盆栽のようで、しっかりと根付いている姿に感心しました。約40分の遊覧観光のあとは、水産業の町・女川町へ移動しました。この町は石巻線終点に女川駅があり、3階建てのモダンな駅舎の内部には、温浴施設が完備されています。この駅は昨年3月オープンしたそうです。駅前周辺には、交流館や商店が立ち並び、周囲は造成中で町の変化が窺がえました。さらに交流館では、語り部からビデオでの被災地概要の説明がありました。これまで、被災地の状況は報道で知っていましたが、改めて被災のすさまじさを感じました。その後、女川温泉華夕美で昼食をとり、多機能水産加工施設マスカーを視察しました。この建物は、2012年9月に中東のカタールから20億円の資金援助にて完成したものです。地元水産加工業者の施設として、内部はマイナス30度で管理されています。私も内部に入りましたが、数分間入っているのが限界でした。帰路の途中では石巻、仙台の被災現場に立ち寄り、解散となりました。

 「百聞は一見に如かず」のごとく、今回の視察では、震災のすさまじさと災害時に対する心構えを改めて考えさせられた良い機会でした。

㈱エアコンサービス
常務取締役 関口 守正



感想 |

社員旅行に行ってきました。

3月18日(金)~19日(土)、1泊2日で京都・大阪の旅に出掛けました。
1日目は京都観光です。日本の古都京都には数多くの寺社仏閣があるため、観光といえば、やはり寺社巡りです。私たちは、初日に新幹線で京都へ到着後、龍安寺・仁和寺・銀閣寺・三十三間堂・伏見稲荷大社を巡りました。美しい庭園や世界遺産、歴史的価値のある建築物に魅了され、日本文化の「和」というものが実感できました。
2日目はユニバーサル・スタジオ・ジャパンで自由行動です。
USJは今年で15周年になり、NEWアトラクションのオープン日ということもあって、パークは大変な盛り上がりを見せておりました。
残念ながら新しいアトラクションに乗ることはできませんでしたが、話題のウィザーリングワールドオブハリーポッターに入ることができました。まるで映画の世界に入り込んだかのような迫力と、細部にまでこだわった作りに、ただ目を見張るばかりでした。パークを隅々まで巡り、アトラクションにも沢山乗り、社員の方と楽しい思い出を沢山作ることができました。
来年の旅行も楽しみです。



感想 |

交通功労者賞

日頃から交通安全に全力で取り組んでいる事が認められ、昨年の12月25日(金)に、三田警察署山口署長より交通功労者賞を受賞しました。今年も全社を上げて更なる交通安全に取り組んでいきたいと思います。
(総務部 課長 冨岡)



感想 |