FC2ブログ

eco検定を受けました

はじめまして。エアコンサービスの女子社員です。
突然ですが、去る12月18日(日)に、環境社会検定・通称eco検定の試験を受けてまいりました。
当初は、上司から突然の「受けなさい」という指令に内心「言われたから受ける」というどうしようもないほどに受身な姿勢の私でしたが、いざ勉強してみると、日常生活において非常に重要な知識が多く書かれており、環境への意識がはっきりと変わりました。今では「受けなさい」という上司の言葉に感謝の気持ちでいっぱいです。
テキストが配布されてすぐは、ぐずぐずとなかなかテキストを開かなかった私ですが、重い腰を上げるきっかけとなったのが、前回この検定に合格し、当社で初めてのエコピープル(eco検定に合格するとエコピープルと呼ばれます)となった営業部・A部長の「普段私たちがなんとなくは知っているけれど、ぼんやりとした知識でしかない環境問題を非常に詳しく、わかりやすく知ることができるツールがこの検定です」という言葉です。この言葉が非常に印象に残っておりまして、興味をそそられ、試験1週間前になってようやくテキストを読み始めました。
そしてA部長の言葉はまさしくその通りで、非常にわかりやすく環境問題や問題対策、今後の課題などが書かれていて、読みながら何度も「へぇ~!」と声をあげていました。
勉強をしていて一番感じたことは、人間がした環境破壊はすべていずれ人間に返ってくるということと、無意識のうちに自分がどれだけの環境破壊をしているのかと改めて考えて、反省(テキストを読んでいると反省・反省のエンドレスです)したことです。つまり、私は自分で自分の首を絞めているということがわかりました。そしてそれに日々気づかず非常に鈍感であった自分に驚きました。
私たちはエアコンサービスという空調設備を取り扱う会社の社員として、環境の問題に真剣に向き合っていく責任があります。そして私個人としても、何か少しでもできることはないか考えなければいけないと感じました。実際、テキストを読んでから自分の生活を振り返ると改善すべき点は山のようにあり、反省してもし尽くせないです。
個人での活動では、何かをしたらすぐに大きな結果が出るというわけではないですが、まずは自分から変わり、まわりへ広めようという草の根運動的な気持ちで取り組むことが肝心だとテキストにも書いてありました。日々生活を送る上での考え方をまずは変えていきたいものです。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク